夫と姑宅の大掃除

昨日から雪が降り寒さも増してきました。
私は足首の古また、傷を抱えており、寒くなると痛みが増します。
北陸の冬は独特で、湿った雪に重い鉛色した雲、雷は
精神的にも参ります。
今日はそんな鉛色の雲が厚く空を覆っています。

何もしたくない、のが本音。
でも、おとついから昨日と2日間に渡り姑宅の大掃除をしてきました。
夫も現在はバイトが冬休みということもあって
また、肝臓癌であっても痛みがでないので
家では暇なのであります。
もちろん、そんな暇な夫を連れて姑宅の大掃除を手伝わせました。
もとは夫の家ですから、掃除手伝って当たり前です。
私の心の内は、あと何年夫が姑宅にこれるのかな?
そういう気持ちがあるので、できれば元気なうちに
何度でも姑宅にこさせたいと思っています。

掃除嫌いというか、掃除しないというか
何せ片付けができない姑で、去年は汚家の中を
疲れ果てるほど何度も大掃除しました。
今年はその甲斐もあってほとんど触ることなくきましたが
去年のやり残しが少しあって、その部分と
押入れの中をガサ入れ....ではないですが
ギフトがそのまま何十年もあったり
空箱をしまってあったり、うんざりな状態でした。

現在、夫の兄が心筋梗塞で治療のために入院中です。
1週間ほどですがカテーテルでバルーン入れる治療です。
これで良くなってくれたらいいのですが。
義姉も狭心症でカテーテルいれた経験があるので
夫もいれたら3名、カテーテル経験者です。
そんな義兄夫婦なので姑の世話は難しいし、できればしたくない様子。
なので夫が動けるうちは実家である姑宅、そして姑を
世話しないといけないのですが、冬は紙おむつをするので
その使用済みオムツをトイレに脱いで積み重ねてあるんです。
これが、激臭で先日より頭抱えてるわけで....
何か対策せねばと考えてるのですが...
ここまでひどい臭いだとは思いませんでした。
現在、介護してる家の方々の情報をネットで調べてます。

芳香剤や臭い取りにもお金がかかります。
デイサービスの方からは、まだ施設入所は早いと言われてるので
でも5年先にはどうなってるか...
そして夫も5年先にはどうなってるのか...
いや、3年スパンで考えないといけないかも知れませんね。

夫は次回12/19に病院です。
今年もあと10日あまりで終わりです。
我が家には激動の1年でした。



夫の退院後/そして義兄が心筋梗塞

やっとパソコンに向かう時間が取れたので更新です。
なかなか思うようにパソコンにも向かう時間が取れなくて
それがストレスにもなっています。

その後、夫は12/6に退院しまして
肝動脈塞栓治療1回目を終えました。
入院中の様子は高熱が5日間続きました。
6日目にやっと熱がさがって普通?になれたそうです。
火曜に退院だったのですが月曜に病院から電話があって
退院許可がでましたので明日、お迎えにこれますか、とのこと。
翌、火曜の午前に退院し、入院にかかった費用も支払ってきました。
約、13万ほどでしたが、これは高額医療認定書があったおかげ。
そうでないと保険3割負担でも3倍近い金額になったかなと
思います(>_<)

退院後、夫は普通に生活しています。
痛い場所もなく、食欲も普通で健康な人と変わりないように見えます。
夫は今日はバイト先の忘年会に行きました。
もちろん、お酒飲んだら死にますので...
夫にはしつこいほど飲んだら死ぬぞ!と言ってあります。
夫の場合もう、可哀想だとか変な同情は甘えさすだけと思っています。
今までも、どれだけ言っても聞かず約束を破ったのですから。
こちらも更に厳しくならないといけません。
本人だけでなく家族も癌と戦っていることを忘れてほしくないです。

毎年、11月末でバイトが冬休み。
12/10に忘年会と決まっていて、その日に11月分のお給料が
手渡しで年末調整の分も戻ってきます。
来春4月にまた社長から連絡がきてバイトが始まります。
バイトさんが20人ほどいるようで、社長さんも冬場仕事ないことを心配してる様子。
夫が入院中に土日のバイトあるけどいかないか?と連絡ありました。
ママが電話に出てうまく話してくれました。

退院後の通院は12/19に行ってきます。
今通ってる病院は私が15歳くらいにできた県の病院で古くなり
現在、新しく建てています。
すっごく大きくて完成図もすごい、来年には完成しそうです。
そうなると、新館で今度はお世話になるのかな、と思っています。
夫は多分....ずっとこの病院でお世話になるんだろうな。
本当は病院にお世話になりたくないんだけどね。

++++++++++++++++
今日、ついてないなーってことが。
夫の兄貴夫婦に連絡しなきゃいけないことがあって
電話したんです。
その時に、義姉から聞かされたこと。
義兄が心筋梗塞で11月半ばに倒れ循環器病院でカテーテルバルーン治療したとか。
そして今月15日にまたバルーン治療に入院だそうで。
夫と時期がにた時期で兄弟揃って倒れてたなんて(>_<)


義兄の夢
11月の半ばあたりでした。
義兄が初めて明け方にカラーで夢にでてきて私を怒るんです。
何で夫の癌を俺に言わなかったのかと。
そのころ、義兄は最初のバルーン治療で心臓にカテーテルを入れて
入院してた時期でした。
義兄の夢は初めてみたことで、逝った舅の夢を夏にみたことを思い出しました。
舅が夫を傍において夢にでてきたこと・・
その後、肝臓癌と告知され手術不可の延命治療が始まり
今度は義兄が出てきて、まさか心筋梗塞で倒れてたなんて・・
自分に何かあったらと思ったのでしょうか?
夢の中の義兄はかなり怒って何で言わなかったと私に言ってました。
今日、義姉にそのことを話したら、その時期に
義兄が倒れて救急車でその日のうちに心筋梗塞のバルーン治療になったと
聞かされびっくりしました。
その時は右の動脈、今度は左の動脈を拡張するとかで。
やはり高額医療認定書の話が出ました。

金額的には似たような金額の治療です。
義姉も夫の話を聞いてショック受けてたし私は義兄の話を聞いて
ショックだったし、この二人がいなくなったら
嫁2人でどうしたものかと義姉と途方にくれました。
何とか義兄に長生きしてほしいものです(/ω\)




posted by karin at 18:24Comment(0)肝臓癌

夫の病室へ/高熱から微熱へ入院6日目

今日はお天気もよくコートなしでも外を歩けました。
なんだか久しぶりに気分もグッド!
しかも、やっと、やっと3週間痛かった歯から解放され
歯科が最後の診察でした。
あーーー!嬉しい!

ブログなんですけど、ちょっとだけタイトル変更、短くしました。
ブログ作った時、あまり深く考えないで、タイトルつけたので。
そのまんま!治療なので治療中ってことがタイトル。
ただ、癌って文字はつけたくなかったのでさっぱり治療中のみ。
ささやかな抵抗かな、だって癌って漢字、嫌いだし。
そんな字、好きな人なんか誰もいないですよね、

+++++++++++++

今日、夫の病室に行ってきました。
ママと孫も一緒に。孫は爺ちゃーーんと大きな病院の中走るし
ただ病院は午後、外来もなく平日と違って簡素だったのでホッとしました。
その爺ちゃんである夫は、丁度、お昼ごはんでした。
高熱も下がって微熱程度まできたようで、たまたま医師がきて
来週月曜に検査して退院にむけお話もできるかと...そう言いました。
テレビ大好き夫が、まだ1度もテレビをつけていません。
それどころではなかったようで、しんどかったのでしょう。
今日、どこも痛くない?と聞けば痛くないと言うし
しっかり食事もしてたし、とりあえず安心しました。


夫が癌と言われた日から今まで、どれだけの癌ブログや
肝臓癌に関する知識をネットで読んだかしれません。
この思いは、多分、癌患者を家族に持つ人なら同じだろうと思います。
私が、いろんな方々の癌日記を読ませてもらい、勉強になったり
感情を揺さぶられたり、ネットとはいえ、そこには現実に癌と戦う
患者さんの悲しみ、苦しみ、切なさ、家族の心配など
モニターを挟んで胸が熱くなったり、励まされたり心にずっしりくるものがありました。

私はこのブログを作って良かったと思っています。
今や2人に1人が癌になると言われてる時代、でも、私の周りには
アルコール性肝炎や肝硬変、そして肝臓癌の経験者のがおらず
ネットでしか情報を得ることしかできませんでした。
幸いに、ブログ繋がりで訪問してくださる方の中に癌の知識がある方がいて
ご自分のご家族経験から、教えてくださいました。
私はそれが大変、嬉しかったです。

なので、これから自分が経験していくであろうことを
誰かの役に少しでも立てるならと思っています。
私も現在、夫の病気に際し、ネットで救われています。
アルコール依存の怖さ、肝硬変の怖さ、そして肝臓癌について、
何度でも書いていこうと思います。

+++++++++++++++++++++

夫の場合入院から6日目の本日は
肝動脈塞栓治療の高熱38度〜39度は5日間続きました。
6日目の今日は37度台で起き上がれてました。


posted by karin at 18:30Comment(0)肝臓癌