2017年10月12日

転居 その後1

しばらく間があきまして、更新が遅れました。
ほとんど訪問もないブログではありますが
遊びにきてくださった方々、すいません('◇')ゞ

なんせ、孫が生まれたからというもの、3年間
本当に日々、支離滅裂でして
正直、過度の神経質なお嫁ちゃんでして最近は前より良くはなってきましたが
ママと孫のお守りが大変なんです。
他ブログには孫がやんちゃでと書いております。
が、孫もやんちゃ、ママも過度の神経質に不安症ときて
これは独身時代もそうでしたが出産後拍車がかかりました。
この話しの続きは物語のラストにきます。

++++++++転居後の物語++++
ここらで、ちょっと過去を振り返ってみようと思います。
gooではあまり赤裸々には書かないのですが
先月からムラゴンブログで思い切り?腹の中にあること書いてます。
ブログ村系列のフリーブログです。(サイドのリンクに載せてあります)

6年前、転居後、まだ孫がいない時期のこと
ママの神経質さがバイトにいっても帰宅すると
顔や行動にでてグジャグジャと小言がでて、息子はそれに嫌気がさし
離婚騒動になりました。小言と同時にうつっぽくなるんです。
確かに、家族はママの性格に嫌気がしてました。
しかし、離婚となると話は別。

前にもブログに書いたことがありましたが5年前のこと。
まだ孫がいない頃で、あのままいけば離婚だったと思います。
離婚ということをさせたくなかったので愛犬を飼うことにして
現在に至りますが、確かにワンコのお陰でその時は助かりました。
離婚話は消えたので。当時から見ればママも明るくなりました。
しかし、そのサポートは私にとって半端ないしんどさでした。

**************実は.....

やっと、嫌な町内から脱出し夢のマイホームゲット!
過去の苦節30年間とサイナラ!
新しい未来へGO!の思いは木っ端みじん(-_-メ)
ですが、神様は当時51歳の私にそんな簡単に楽はさせてくれません。
まだまだ、試練を与える!ってなもんで
これ、初めて書くんですが...
新居1年で県外の知人から融資を受けることになり
無利子、無担保、5年返済で300...理由は

予想外に新築の費用がかさみ、前の家が予想外に安価でしか売れなかったこと。
ゆえに前の家で教育費の持ち越し残債が残ったことで
生活の運転資金がなかったこと、夫は失業無職、闘病中
この事情を知った県外の友人が好意でいいから使いなと送金してくれました。
ただし、返してねと信用貸し。
私は借りるつもりはなくお断りしてましたが、
工事中の家を見にきてたこともあり心配したのでしょう。
送金され、それで借り換えをしクレジット会社を完済。
しかし、県外の友人には無利子でも返済しないとなりません。
私が働いたパートの給料から毎月5万送金、しかし、夫が無収入だったこともあり
生活が苦しく、また若夫婦が離婚でもめたこともあり多重債務に進行。
逆に信用金庫のカードローンを借りないといけないハメに。

夢のマイホームをゲットし嫌いな町内からでれたのに
違う意味でのどん底スタートでした。
県外の友人には他に借金はない、と伝えてありました。

これからは続編になります。ではまた。




posted by karin at 16:50| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月22日

治療 / 長い旅がまた一つ

只今、治療中...夫に、姑に...
また1名増えました。
ママ(嫁)が今日、病院で治療することに。

頭痛がとれなくて、特に昼寝のあとなどは立ち上がれない毎日。
孫を寝かすのに添い寝するのだけど、自分も寝たら
そのあとの頭痛がひどいらしい。


また、食事はするがお腹をすぐ壊す。
先日まで口内炎の大きなのがあって、それが3回も続いた。
毎日見てる私は間違いなく免疫力の低下だな、と感じてた。
自律神経がおかしくなってる...
腸活しないとね、昨日もそう話してた。
病気のほとんどが腸から発すると聞いてたので
善玉菌の話とかして。

病院には孫を産んだあとから内科に貧血で行だし
3年になったが改善されないので
セカンドオピニオンとして私が行きつけの内科にママは行った。
そこは夫婦で医師をやっており、女医さんが頭痛の専門なので
ママは1時間女医さんとカウセリング。
拒食症に近いらしい...摂食障害というか。
すべてはそこから症状がでてるとのこと。
これ以上ひどくなると別の病院で治療になりますよ..と。
精神内科行だ...

その手前だったらしく、これから長くかかる治療に今日、入った。
ママは自分でもそこまでひどいとは思ってないらしく
自分が病気だと知って、絶対他の病院には行きたくない。
頑張って治療する!と言っていた。
痩せ方が病的らしい、やっと35キロになれたところだ。

ワースト記録は32.8だ。
結婚前は38。
私が思うには結婚前から少なからず、そういう症状はあったと思う。
長く見てきてるのでわかる。
でも実家の親はわかっていないと思う。
分かってたら病院に連れていくか対処してるはず。
娘にまったくおかまいなしの実家の親ゆえ仕方ない。

また私の心配事が増えた...
このまま放置したら50代まで生きられないのでは?とさえ思う。
私が嫁を看取るなんてありえない!
孫もいるし、何とか健康にしないと。

また一つ、長い旅が始まった気分だ。

息子(長男)にも責任はある...
母親としてそう思う胸の内がある。

posted by karin at 21:54| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月17日

明日は敬老の日

台風が私の住んでる地域にも接近、
大きな台風のようです。
今夜、明日、北陸に接近らしいので
どうか、瓦が飛びませんように...
姑のいる本家の築50年ものの家の瓦が飛びませんように...

そう祈るばかりです。


昨日、姑宅の庭の剪定がやっと終わりました。
夫と2回にわたり頑張ってやったのでクタクタでした。
昨日の大きな黒松の剪定では毛虫が多くて参りました...

今までまともに剪定なんかしてないから、
いざというとき、子供たち(旦那)は大変です。
お金がありながら今まで何やってたんだか...と
つい、思ってしまいます。

でも、その本家のお金も底つきました。
気が付いたときには通帳の中には新車1台分のお金しかなく
それも、ゴミ屋敷になりつつある本家の大掃除やら
入院やら、その後、夫の癌治療やらで現在はスッテンテン?
みたいなものです。

消えたお金に文句いっても仕方ないですが
夫は剪定しながら、アホな宗教団体に
老人相手の健康食品会社みたいなものに騙されなきゃ
まだ金はあったのに..とブツブツ。

まぁ、そんな姑だから
ゴミ屋敷になりつつもあったわけで
失業して明日の米にも事欠いたときには
夫より老人相手の物売りに洗脳?され、そちらに
バンバンお金払ったり..でも今思えば
そのときすでに、認知症が進行してたんだろうなーって思います。
10年以上かけて、ジワジワくるそうですから
新興宗教を信じてるときには、これをすれば
みんな、幸せになれるとかいって
幸せどころか本家没落邁進中です。
おまけに自分は毎年入院で認知症、現在私の手がないと生活は
ままならない。

夫の治療費に使ったのは姑も知ってますが
それはそれで仕方ないが、問題は...
姑に何かあったときに葬儀代が出ない!
義兄夫婦にもあわす顔がない!けど..
資産は全部義兄に渡すので数千万にはなるでしょう。
そう思えば夫の治療費で使った分などかわいいもんです。
が!問題は葬儀代の準備。


なので、姑にはしっかりまだ生きてほしいです。
さすがに三年間日々のお世話も疲れてきました。
でも、姑にも、心筋梗塞で白内障の義兄にも
肝臓がんの夫にも、頑張って生きてほしいです。

明日は敬老の日....

本日、駄菓子しかもっていけませんでした。
人生の教訓として言えるのは
お金の使い方をしらない人に大金を持たせると
最後は没落か..と結婚生活37年でつくづく思うのでした。

ま、それも人生です。

+++++++++++++++++
それと急きょ、あることで頑張らないといけないことが起きました。
そのうち、どこかで何か書き始めるかもしれません..
現在、参ったなーって感じです。
posted by karin at 18:44| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月05日

切なさと未来

9月になりましたが
さっそく悲喜こもごもな日々を過ごしております。

ミドルなお年頃
シニアに手が届きそうな感じ、そんな日常には
若いころに体験もしたことのない事がいっぱい...

超えなきゃ、人生の終着駅にたどり着けません。
生きてる間、生かされてる間は常に明日に向かってガンバ、と
自分で自分応援です。

++++++++++++++

8月末に、ノートPCが水没でキーエラー
まったくもって機能しなくなりました。
わずか2年?もあったか?短かった。
その前のノートも熱暴走、フアンがいかれたのか
どちらもエイサーのPCでしたが気に入ってました。
水没は、ママが大声出した時に
私がびっくりして振り向いたらテーブルの上にあった水がこぼれました。
それがキーにかかったわけで、慌ててふいても遅かったーーー!
翌日、9月1日朝にはまったく反応ナシでノートは西国へ逝かれました。

数日、熱暴走ノート使用したものの10分ともたず
熱するので危険ゆえ使用は禁止。
で、昨日、仕方なく中古の激安ダイナブックを買ってきました。
恥ずかしいほどの激安で、すぐ壊す私にはもう中古で十分です。
ミドルになってからは以前のようにソフトも使用しないし
いろんなことはしなくなりました。
そんなエネルギーもない感じ。

ただ調べ物はよくするのでキーが使えないとかなり不便。
只今、そのダイナブックで更新中です。
もうリビングにはPCはおかない。
リビングだといつでもネットできたので便利でした。

+++++++++++++++
夫の叔母さんが8月23日に逝って家族葬してから
考えることもいろいろあって
なんだか姑の世話疲れがでています。
先日は3日間通しで夫と姑宅の庭の剪定や納屋の掃除。
そこには10年以上の腐った漬物が入った袋があり
それが入った桶が3つ。

想像しただけでも、恐怖、鳥肌です。
最近、私も感覚がマヒってきたのか
ええ、その10年以上も前の熟成した腐敗漬物を桶からだし
捨てました....それはそれは...言葉にしがたい「ブツ」でございました。

認知症の姑に話しても、ふーん...ってなもんです。
そう、認知症の姑に何を求めるのか?私は。
ありがとうの一言がほしいの?
そんなもの、いまさらあるはずない...
そう、すべては奉仕の精神でやらないと身がもちません。

舅が逝って15年、下駄箱の中はそのまま。
舅が使ったまま汚い。掃除をしてたら
部屋の戸から顔面を半分だけ出して声を殺し、じーっとこちらを見てる。
姑に、お化けみたいに見てないでコッチきて見たら?と私が言う。
姑はそんなことせんでいい、と言う。
私は掃除嫌いの姑の言葉は頭に入らない、っていうか
ゴミも家を始末するときにはお金となり請求される。
姑の通帳の中身も少ないのに、そんなことお構いなしの姑。
いくら年金が多い?世代とはいえ毎月7万近い支払は大きい。
週3回のデイサービス、安否確認兼ねた1日2回の配食...

叔母さんの葬儀を境に、義兄や義姉に本家をいづれ引き継いでほしい、
いろいろ話しました。山林のようなお荷物はいらない。
義姉は本家の墓を移したいと考えてるので、本家も処分して
自分たちが住む場所にすべてまとめたいとのこと。
墓を移すにはお金がいるというので
いづれ本家を売ってお金にして、好きなようにしてくださいと、私は言いました。
残ったお金は甥が独身でずっといそうなので甥にあげてください、とも。
義姉に言いたいこといったら、すっきりしました。
なので、もう姑宅に私は1円の費用もかけません。
姑の世話はするけど家には除草剤も買いません...
邪魔な山林はついてきても家は売れば数千万になるでしょう。
なので本家そのものには、もう姑の通帳からはお金出しません。

そして、私が長い結婚生活でみてきた景色は...
本家から所帯わけしてもらった舅の兄弟、子供の
不動産はどの親族も不幸にして手放してる現実、
所帯わけは4軒ありましたが1軒も残ってません。
その中に我が家の前の家も含まれてます...
正直、息子と同居で引っ越したといえば聞こえはいい。
が、問題の多い家でした。失業も3回しました。

そして本家そのものも姑が亡くなれば消えます。
さらに、義兄の家も息子いれど結婚せず跡取りなしでいづれ消えます。
なので未来は6軒が消えたことになるのでしょう。
我が家も孫が女児なので婿さんが来ない限りは消えますが
つくづく「徳」がない家だなと思います。

なので、そんな本家から家はほしくありません。
山林も80坪の街中の家もなーんもいりません。
気持ちが固まった以上、私は日々報恩感謝で姑の世話だけして
あとは自分のことを思い過ごしていこうと思います。
お金があるにこしたことはないです。
しかし、その昔、夫の祖父がいろんな人を苦しめたと聞きました。
苦しめた人の上に成り立つお金は要りません。
没落したとしても、白紙になるならそれで不徳が消えるなら
それもまた、この家の人生かなと思います。

そんな家に嫁ぎ、私は日々勉強させられてます。

姑の世話も大事ですが自分を見失わないようにと思っています。
posted by karin at 17:55| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月26日

リバウンドしてる時に限ってお通夜、絶不調の巻

もう、情けなくて笑うしかない。

昨日はお通夜がありました。
前日に礼服を出して着てみました。2着あります。
7年間我が家では喪がなくご無沙汰でした。

現在私は58歳なので7年前といえば51歳です。
まだ40代のなごりが残ってる頃ですが...
その時着れた礼服がスカートがしまりませんでした。
絶句しかありません。

3年前に買った礼服は着れたのでその礼服を着たのですが
パンストがありません...
なので近所のしまむらで大き目サイズのパンスト発見!
あった、あった!と思ったらサポートタイプと柔らかタイプがあり
穴があいても大丈夫、というサポートタイプを買いました。

これで、つかみはOK! 

そう思い昨日は18時にパンストをはきました。
なんだかキツイな、サポートタイプってこんなのだっけ?と
ご無沙汰パンストに違和感もちながらはきました。
肥満の安心材料は、パンストが落ちてこないようガードル必須。
(違和感ありあり)

そして、着慣れたボデイシエイパー、礼服、
これまたご無沙汰の5センチヒールの靴、
50代になってからほとんどヒールは履かず
18時半には体全身、「緊張された別人28号」になっていました。


夫と通夜にでかけ無事帰宅、
そして今朝、寝起きのことです...


言葉にならないほどの気持ち悪さ。
腰、下腹部に違和感、お腹が痛いのか?腰が痛いのか?
でも、そうでもないような...でもおかしい、気持ち悪い!
鈍痛が下半身を襲う!朝の6時に言葉もでません。

そして何とか30分が過ぎた頃...もとに戻ってきました。


家族全員から、それパンストが原因や!
そんなサポートタイプなんかはくからや!
野放しの下半身にはきなれんもの履くから血流わるくなったんや!
と、言いたい放題言われ、

こんなこと今まで経験ない、と言い返せば
家族から、幾つになったと思ってるのかと息子に言われ
夫からは締め付けが原因やなと決めつけられ
嫁からは私も同じ経験ありますよ、とダメ押し。


7年ぶりのお通夜は情けない自分にビンタしたいくらい。
肥満、絶対ダメ、そう自分に刻み今日は葬儀に行ってきますが
今回の経験を体に刻んで今後に役立てたいと思います。

ちなみに、礼服着た姿を大きな鏡で見たら
鏡が壊れそうでした、あまりの違和感で。
礼服似合わないにもほどがある!と凹み。


58歳、肥満お通夜物語、絶不調でした( ゚Д゚)
posted by karin at 09:29| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月22日

孫源病?初めて知った言葉

昨日は暑さがかなり戻った感じでバテバテ
今日は風があるので若干、涼しさを感じます。

孫が生まれて3年、内孫です。
現在3歳なんですが、自分が子育てしたときとは違って
やはり自分の育児した時代、
祖母として孫を世話する今とでは
言葉にどう言い表していいのか分からないけど
違うなぁ..ってことを感じます。
時代が違うのだから当たり前なんですが
親目線と祖母目線では、両方経験して
また、内孫と外孫でも感じ方は違うのでしょうけど
可愛いと思う以上に精神面で疲れイライラは半端ないです。


今朝、ネットで目にしたのが「孫源病」という言葉でした。
私は初めて知った言葉で読んでいくと
それを知って安心したという方もいるとかで
私も、それをしってホッとしました。
孫は可愛いものだと世間では昔から言われてることが
現代の祖父祖母からみれば、その世話に昔との違いを感じ
疲れ倒れることも多々あるとか。
孫のことで若夫婦ともうまく繋がれないこともでてくるそうで
難しさを感じます。

外孫では来て嬉しい、帰って嬉しい孫、と
私も周りから何度も聞かされたことがあります。
まさか、自分が内孫の世話をするとは夢にも思っていなかったので
去年、退職後からは更にママのサポートにまわる時間が多くなりました。
ママは自分の子供の面倒をみてますが体が弱く
その分、精神面でもストレスが溜まり
怒るとヒステリーっぽくなり、その声に私はおかしくなりそうです。
なので、育児応援に回るのですが、これまた
やんちゃで落ち着きがない孫で女の子ですが
何で、私こんなことしてるんだろう?とか
自分の時間も振り回され趣味が何だったっけ?とさえ思うほどです。

この3年、50代後半の私には堪えました...
もちろん何かにつけてお金もかかります。
ぐずって泣いて言うこと聞かないとき
手をふりほどいてすぐ走ろうとする、また走り出す
スーパー内で大声でばーーーーちゃーーーんと叫ぶ
もう、言ったらキリがない。

年子の育児をしてきたので、そんなことは
分かり切ってるし、でも、でも、孫だと感じ方も
受け止め方も違ってくるんですね...
孫を持たなかったら経験できなかったことです。
しかも内孫ですから親が世話できなきゃ、
また金銭面でも親ができなきゃ、
爺ちゃん婆ちゃんのお役目となり体力も、金銭面も孫に吸い取られます。
先日、新聞に週刊誌の見出しがでており
お盆に孫でお金も体もクタクタ記事がでてました。

最近思うのは40代の体力と思考が50代のそれとは
随分違うものだと感じます。
孫源病、その言葉を知って気持ちが楽になりました。
夫源病や妻源病もあるそうです。
ネットで孫源病を検索したら体験話も出てきて読むと
自分だけじゃなかった...と思う気持ちが自分を楽にしました。

幾つになっても産んだ子には親ですから
私は息子たちが可愛いです。
いい年のおっさんであっても我が子です。デキが悪くても。
その感情は孫には出ません。
可愛いの深さ、意味が違います。
孫の可愛さは責任がないといいますが、でもね...
同居してたら責任に関してはそうでもないんですよ。
親がしっかりしなきゃ、その親(祖父祖母)が
世話しなきゃ、孫を育てる者がいなくなる。
老後だから、息子と同居だからと安心して生活なんてしてられません。

まさに運命共同体だなと最近では同居生活にて思ってます。
来春、無事に孫が幼稚園に行ってくれますように。
ってか、入園のお祝いがいるなと...(ため息です)




posted by karin at 15:17| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月20日

糖質量を毎日ノートにつける

去年、体調を崩し退職後、真剣にダイエットをやっている。
膝に水が溜まったのが原因だが、それだけでなく不眠や
高血圧、諸々の症状が出た。

去年7月から3か月期間で肥満外来にも通った。
遠いので現在は近くの内科で漢方薬を処方してもらっている。
退職後、はや1年がたち膝は杖をもたなくてもいいよう回復、
しかし、体重がリバウンドしたり無理すると膝の奥から
痛みが出たりする。
更に独身時代にひどい捻挫を足首にしたのが原因で今も
足首は弱く、特に年齢がいくようになってからは
歩行も遅くなり元気な老人に追い越されへこんだり
階段の昇降がつらかったりする。

去年に続き2月からは病院通いばかり。
眼科に始まり内科は毎月なんやかんやと薬をもらいにいく始末。
特に今年は胃痛が続き十二指腸も去年秋から痛みがでたりしている。
7月にはまさかの膀胱炎...
そして意味の分からないじんましんが2度....

そんなだからダイエットがうまくいかない。
でも、痩せないと病気が怖いのであきらめず続けている。
去年は糖質制限で1日140gという糖質量で頑張ったが...
長続きしなかった(/ω\)
その後、リバウンドはするしでいろいろやったが
なかなか思うようには痩せない。
されど、どこかで体重増を止めねば自分の体が怖い。

ある日のこと、次男の友人が肥満でもないのに健康診断で
糖尿に入ったと言われたらしい。
え、まさか...あの子が?と私も知ってる小なので驚いた。
そして、胃痛時に内科で肥満は石を臓器に持ちやすいと医師に
言われたことがショックで...ガーーーン!('Д')

で、再び毎日つけてる食事ノートに糖質量を記入することにした。
去年は白米もパンも食べたら糖質制限できないという呪縛で無理をした。
しかし今年は無理をしない、長続きしたいからだ。
そして58歳の年齢ということもあり、いつか..遠い将来
施設や、病院に入った時、ダイエット中だから白米やパンを食べないという
ワガママはできないと思う。
それらを食べてもコントロールできる体つくり、ストレスを与えない、
そういうメンタルな部分もかなり大事かと思ってる。

そうなると気を付けても1日200g〜240gは糖質を摂取してしまう。
テレビで医師が1日150gで1か月やったら痩せると言っていた。
確かに数名いた実験した人のほとんどが痩せた。
ただノートをみていると230gでもわずかでも痩せていったので
いかにそれ以上糖質を摂取していたかと反省した。

先日貰い物のお菓子があり、つい手をだしたばかりに
その日は糖質が500gちかくなった。
いつもの倍以上だった、翌朝、一気に800g増で怖くなった。
翌日は、糖質量を200g以下にしたら今朝は500減となった。
カロリーはもちろん気にしたほうがいいのだろうが
糖質量で大いに左右されるのだと改めて感じた。

今年はもう残すところ4か月ほど...
ダイエットやってる身としては、あと4か月しかない..と
焦りもでるが頑張っていくしかない。

追記:愛犬もダイエット中...食いしん坊で困る。
posted by karin at 09:31| Comment(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

胃痛と孫守り

久しぶりの更新です。
7月はお休みでした...毎日がバタバタで更新したくても
ままならないことにストレスです。
お蔭で、7月は胃痛が最悪で何度も病院へ。
今年にはいって病院代に幾らつかったのかと
それもストレスになってます。

今月も別の内科で胃薬もらってきました。
とにかく私は育児が苦手のようです。
自分の子供の時も年子の育児で十二指腸に傷がついて
悶絶を何度か経験し、畳をひっかくほどでした。
明け方4時になると発作がくるんです。
その恐怖は30年以上たった今も忘れることができません。

そして現在は内孫の育児応援....
しっかり30年後の今、同じことに。
去年秋から十二指腸が軽く脈うつような感じで
横むいて寝れませんでした...
そして今年になって胃痛もでて、ついに内科へ。
6月、7月は胃痛の発作がひどく悶絶を何度かしました。
丁度零時になったら背中に痛みが出て胃痛になり
発作が治まるまで2時間かかります。

育児は辛い...
やんちゃな孫で落ち着きもなくクタクタです。
自分の時間も持てず、孫は外孫が可愛いと思える範囲かな?
なんて思ってしまうほどです。
孫で辛い...と思う正直な今の私の気持ちです。
来年から幼稚園なんですが、早くその時期がこないかと思うばかりです。
posted by karin at 10:00| Comment(0) | 家族 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする