明日、退院

今日も午後からママと孫と3人で夫の病室へ。
夫いわく、明日、退院だからと言う。
火曜入院で土曜退院、5日間。
毎度、同じく5日間の入院、無事縛ったゴムがはずれず
静脈瘤を抑え込んだか、良かった!
縛ったゴムがはずれることもあって出血するって
医師がいってたから、うまくいったんだな。

縛った部分が腐って落ちて排便から出るって、医師が言った。
顔も元気そうだったし安心した。
28日からはバイトが始まると電話があったことを伝えた。
通院日は4月17日。
この日の検査で静脈瘤が治まってたら入院しなくていいが
また出てたら入院だ。
あと、癌のほうもそのまましずかーーにいてくれたらいいけど。

バイトと聞いた途端、何だか意気揚々としてた夫。
そういう気持ちが生きる力なんだろうな....

今夜、ある言葉を目にした。
「人は必要なときに必要な人と出会う」

この言葉に私は頷いた。

癌であっても、そこに縁があるから誰かと縁を結ぶ。
たとえバイトでもそこには「人」がいて誰かと触れ合う。
それは自分が生きて頑張ってる証だ。
生かされてるからこそ、不思議な縁も出会うことがある。
小さなことに、ほんのわずかなことにも
「感謝」と頭を垂れる人生だ。

苦しくとも悲しくとも
誰かの言葉で、誰かの笑顔で心を救ってもらえることもある。
自分が喜びを感じたなら、また誰かにそれを伝えられる。
夫の病気はもう治ることはない。
治療しながらの人生であっても心に喜びがある人生を送れるようにと
私は思うのだ。

もちろん、私もそうありたい。
負の言葉を投げかけられようが、苦しいことがあっても
私は淡々と、そして負の物には屈せず残りの人生
何歳まで私の人生があるかは知らないが
大事に時間を重ねていきたい。

明日58歳、気が付けばここまで来たんだな、と思う夜だ。

夫の病室へ

入院2日目。午後から夫の病室へ。
てっきりまた熱を出してると思いきや、今回は熱もでないで
意外なほどシャンとしてたので安心。
でも本人は絶食中なので、しんどい、とブツブツ。
昨日、医師が話したことを夫に話し
これからも経過見ながら、治療になるから
頑張るしかないね、と話した。

長い旅だな、きっと。
家族も夫も言葉にしないけど、心の中では思ってる。
病院とながーいお付き合い。
これもまた、人生なのだ。
posted by karin at 20:52Comment(0)肝臓癌

今日から入院

今日から夫が4回目の入院をしました。
毎回618号室だったのが今回は621号室でした。
実は病院に入る前に、ちょっとしたことがありました。
病院前入口で怒鳴り声がして、大きな病院で警備員もいて
珍しいことがあるなと思ってみたら、どこかのオヤジが
自分が止めてはいけない場所にいるのに、前の車に
早くどけと騒いでいるのでした。
そこはタクシーやバス専用の場所ですが、嫌なものをみたな、と思いました。


10時に病室に案内されると、毎回同じ618号室が
今回は621号室ということで、あれ?みたいな感じ。
別に問題はないのですが、なんか今日は?んーという直感が働く。
夫が治療受けに行ってる間、6階のフロアでテレビでもみようかな、
週刊誌でも読もうかなと行ったら、いつもならそんなことないのに...
壁にくっついてるソフアに人が座れないようにテーブルやほかの椅子を
ソフアにくっつけてテレビみてる輩が4名...
10人以上座れる場所です。
それが4名しか座れないようなことにして平然とテレビ見たり話してる。
あきれて、大の大人が...アホかって思いました。
私は全く座る場所を確保できず病室に戻りました。

なんか、今日は変だなーと思いながらもいました。
夫が病室に戻って麻酔がきいたまま午後3時まで寝てました。
眼が覚めて少し会話してから私は病室を出ました。
今回は疲れが出てしんどかったので地下のコンビニでコーヒーを買い
隣にある飲食スペースで体を休めてコーヒーを飲んでました。

その飲食スペースに入るとき、お子さん連れや、年配の女性の方
など数名いたのですが1組だけ女同志の2人連れがいました。
勘というのか、いやーなオーラを感じました。
言葉にだせないのだけど、とにかく私には負のオーラ。
他の方々からは何も感じないけど、この2人からは感じる。

早々にその場所を出ようと立ち上がったら
その2人も出ようとしてる。
ああ、まずいな。もっと嫌なものを感じる。
そう思ったのですが出てエレベータのところに行くと
その2名がいました。
更に嫌な予感、エレベーターを1回ずらそうか?
それともコンビニに1回もどろうかと思いました。
でもエレベーターが地下に降りてくるのが見えたので
そのまま乗りました。丁度病院関係者の女性の方も1名乗ってこられました。

そして、直感が見事当たりました。
私は1階のボタンを押しました。
その二人連れは3階か、2階だったと思います。
その2人連れの1人が大きな声でわたしの背後にいて
1階なら階段のぼればいいのに!
と、突然言い出しました。
最初は?意味が分からなかったけど、間違いなく
私のことをいってるなと思いました。

病院関係者の方も無視して黙って聴いてます。
そして2人連れの片方の人は、多分、そんなことを言うとは
思わなかったのでしょう、言葉を詰まらせその女が言ったことに
ただ含み笑いのようなフフッと声を出しただけ。
もちろん、私は無視、エレベーターの中は誰もしゃべりません。
その女は1階なのにずっと待ってたわけ!とか
まだ、もう一人の女に言いその人は黙っています。
そしてエレベーターがあき、私は絶対後ろを向いてはいけない。
直感が当たったことは間違いなく、負のオーラが飛んできてる!
そう思いました。

わずか数秒の間に知らない人間が大きな声で
いいがかりをつけるとは、世の中にこんな非常識な
人間がいるのだ、しかもまだ若い(30歳前後)女性が
社会にでて恥知らずな行動を平気でする....
二人とも黒のコートでヒールのブーツ、オシャレという前に
最初の直感がその二人がモヤのように見えました。
黒い固まったモヤというか。

大きな県の病院でかなり古い病院で階段はかなり段数あって斜度がキツイです。
1度あがりましたが、膝の悪い私には大変でした。
病院ですから、どんな人がエレベーターを使ってるかわかりません。
1階から地下へ使用する人も何人もいるしその逆もたくさんいます。
また私のように足が悪くて利用する人もいます。
看病でクタクタの人もいます。
自分の思う階にそのままいけないからと、大声で人のことを言うのは
大人としての常識のカケラおなければ人としての優しさもない。
誰かの見舞いにきたような感じだったが、人の傷みがわからない人間が
見舞いにくるのも変な話だ。

なんか哀れというか、この子、どんな親に育てられたんよ、って
私が友人なら黙って手をたたき、黙れと指図します。
そしてエレベーター降りてから、たしなめます。
それで喧嘩なら価値観の違いでお付き合いはしない。

私は1階に降りてから玄関を出てバスターミナルで
ママが来るのを待ち帰りました。
ママに車内で話すと、そんな人は自分が痛い思いをしないと
分からないんでしょう。病院のエレベーターは特に
皆さん事情あって乗ってるでしょう。
世の中知らん女やね、そのうち自分が言った言葉が跳ね返るでしょう。

夫の方は、今までの治療とは違うやり方で静脈瘤をゴムみたいなもので
縛りました、その部分が腐って落ちて排出されるそうです。
2日間は絶食のようです。

いつもは火曜は病院に縁がない日で、たまたま今回火曜になりました。
昨日が祝日だったので。

****************************

最近、なんでかなーと思うことがあります。
もともと直感はあるほうで、30代から特に夢や直感でお知らせが
くることがしばしばありました。
でも、気にせんほうがいい、と自分で思っていたし、そうしてきました。
だけど去年舅が夢に出てきてから、結構、勘が鋭くなってる。
なので、お知らせ日記なるものをつけようとノート作りました。
毎日の食事&健康ノート、家計簿、予知夢+お知らせノート
姑介護ノート、夫の病気ノートなど
気が付いたらパソコンより直筆で書くことが多くなりました。
まぁ、ボケ防止にはいいかと。毎日書いてます。

笑われるかもしれないけど、明日から粗塩(魔除け)を身に着けて
病院通いします。

posted by karin at 23:17Comment(0)肝臓癌