2017年12月13日

聞きたくなかった昨日の電話

師走も半ばとなり、今日はみぞれ交じりの寒い日になりました。
最近、ブログ村で貧乏ブログをいろいろ読んでましたら
結構、居心地がいいなと思う気持ちが出て...
やはり、読んでると気持ちがわかるんですよね。

前から貧乏、今も貧乏、そしてこれからも?貧乏??
いえいえ、これからもずっと貧乏は嫌です。
過去は過去、現在は頑張るしかない、その頑張りが少しでも
未来につながるようにしなくては、そう思う毎日です。

もうひと頑張り?かな
いや、もしかしたら何回も頑張らないといけないかも

そんな自分のためにも、
ちょっと背中押す意味でもランキングの仲間入りしようと
以前作ったブログを寝かしてあったので
そのブログで今日、ブログ村のランキングに仲間入りしました。
ランキング自体は気にしない、その中に混ざって頑張る意識を持つことが
大事なんだろうと思います。
生活苦の方々、頑張ってる日記を読んで
私も自分に喝!です。
誰もこないブログでアクセスはほとんどないです、寝かせてあったので。
自分一人、誰もみていない日記をもって「その他生活」の
家族のための借金、通所介護、老い支度の各カテゴリーにまぜてもらいました。

この12月から来年は家族に流されてる暇はありません。
支払い期限が迫ってるし(夫の銀行ローンカード)
60歳過ぎたらカードローンは収入があっても手をだしたら
いけませんね、行くのは年だけ、そして年齢制限でカード停止、
あとは督促だけですから。
いつまでもあると思うな、親と金...ですね。
来秋まで、とにかく必死にやらなきゃ。
今の自分には、あえて借金ランキングにまぜてもらうほうが
いいのかもしれません。

前の家では教育費で泣かされ、今の家では医療費に泣かされ
ずっと借金人生です。もう15年になりました...
新築の家が借金の元金と利子で建ってるかもーーと思うことがあります。
それだけ借りて支払ってきました。
本来なら自己破産か離婚か?一家離散しててもおかしくないな、
そう思うことがあります、危機もあったし。
でも、現在、虚弱体質、病気を、働けない家族を背負っても
みんなで仲良く暮らせて、新しい家の中にいられること、
これはお金で買えるものでもなく、家族あってのこと。
感謝しかないし、自分も頑張ってきたし。

58歳、もう還暦もすぐそこ。
正直、普通に悩まず暮らしたい、と思いますが
まだまだ頑張れと神さまが与えてくれる試練に耐えていこうと思います。

++++++++++++

昨日、久しぶりに前々職の仕事仲間が電話してきました。
私と同期入社で長く一緒に仕事してきたHさんが乳がんで夏に退職したよ、と。
びっくり!3年前に私が退職したときは、18年勤務したこともあって
古株たちと食事会などお別れ会をして頂きました。
しかし、Hさんは入院してその後、静かに退職されたとのこと。
虚しさが胸に込みあがりました、正直、そんな電話ならしてほしくなかった。
聞きたくなかった、と思えどその人も2月で定年とのこと。
つくづく多くの従業人にお疲れさまとお別れ会をしていただいたことに
てっきり、Hさんも2年後には定年、そうやってお別れ会してくるものだと思っていました。
Hさんは入社20年目で静かに去ったことになります。

そして、とうとう今年は癌にはじまり癌に終わった、
そう思いました、夫の辛い癌治療が去年群れから続き
年明けも入院から始まり、師走の今、同期の桜だったHさんの癌のお知らせ
秋には友人の大腸癌ステージ3bの知らせ...

辛い事ばかりあった1年でもありましたが
こうやってブログを続けられてることは幸せなこと。
そう思い更新していこうと思います。
posted by karin at 16:07| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月18日

精神的ストレスのもとは孫

今日も寒い日が続いてます。

孫の話なんですが
孫を持つまではわかりませんでした...
内孫と外孫では孫に対する感情も違ってくると思います。

よく「来てうれしい帰ってうれしい孫」と聞きました。
これは外孫のことでしょう。
私は内孫なのでずっと一緒、なので帰ってうれしい孫はないわけです。
たまに聞いたのが内孫をもたれてる方の話で
孫が可愛くないとのこと。
その時は私もわからなかったのですが...

3年間、内孫を見てきました。
正直、疲れました....

我が家は女児ですが、でも、疲れました。
何度イライラが頂点に達したかわかりません。
子供が嫌いな人はまず孫守は無理だなと思えます。
私は子供があまり好きではありません。
でも、特に嫌いだとか思うわけでもなく
でも、2度と孫守はしたくないです。

ママが精神的に参るのもわかります。
我が家はもう孫というかもう子育ては無理。
ママも育児で体調崩し、そして息子もあまり面倒みない、
夫も我慢してる、私はその中で家族の顔色みながら孫を見る。
もう限界....

幼い子相手に何言って怒ってもしょうがいでしょう、と
大人だからわかってるはず、でも、家族の神経がおかしくなる。
甲高い声を出したり、そのたびに脳がおかしくなりそう。
家の中をどんどんジャンプばかりして歩く。
手だけは早く、瞬殺で物を取っていく。
そのたびに叱らなければならないストレス。
言ったらキリがないほどの家族全員が小さな子供一人に振り回され
家族のイライラは抑えるのに必死だ。

私は年子で男児二人育てた。
もちろん、育児は大変だったが質が種類が違う。
そう、育児でも種類が違うのだ。
私が経験しないようなことを孫がする。
別に孫が憎いわけでも何でもない、だが、時に体に変調きたすほど
影響が出るのは確かだ。
そのストレスは病気になるほどだ。
と、いうか既にママは病気になった。

ぐったり、疲労困憊の毎日だ。

ママの口癖は私はそんなに長く生きられない、最近では
こんなことばかり言うので親はあなたしかいないから
そんなこと言っちゃダメと私が言う。
内心では34キロから太れず免疫が弱く口内炎ばかりができる体ゆえ不安。
ちょっとしたことで、アレルギーがでてお腹を壊し寝込む。
出産してからどんどん痩せ細り力がない。
体が思うようにならない分、イライラで言葉が荒くなる。

そして、私は日々育児ノイローゼ&寝込むママを見てるだけで
おかしくなりそうだが、親だから頑張るしかない。
3年の間にもしかして二人目ができるかもしれないと
使用しない部屋にベビーベッドをそのままにして置いてあったが
先日、私はベビーベッドを解体した。
もう二人目はない、また、ママの体では産めない、
趣味で遊び呆けてる長男には二人目はみれないだろうし
私も孫守はもうご免だし、お金も使いたくない。

長男が休みの日でもママや孫を連れて遊びにいってくれたらいいのに。
自分の趣味で遊びに行くから、結局、私がどこかに連れていき
お金を出すはめになる。こんなことしていて借金がへるはずがない。
今日もそうだ、今日はまだいほう、ショッピングモールで3千円で済んだから。

今は、ママも私も休息が必要、自分の時間がほしい。
せっかくリビングにあったものを2階の自室に移したのに
私の部屋に入ってきては勝手に物を触る。
昨日も、ノートPCを壊されるところだった。
孫が一人できただけで、ここまで拘束されるとは....
必死で自分の感情を抑えるのにこらえる毎日だ。




posted by karin at 15:23| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月15日

人生に思う

秋らしい雰囲気、風が冷たい。
四季を感じない、そんな日本になったかと残念な気持ちも
少し紅葉し始めた葉を見ながらいると満更でもない。

年齢がいくようになると、ふと過去を思い浮かべては
今の自分がこの場所にいて、こんな生活してると
想像できただろうか?と思うのである。
人生とは不思議なものだ。必死で生活してる時はそんなこと思いもしない。
ただ、その日ぐらしに必死だ。
なのに、あの頃に想像もしない場所、生き方をしてるのだから
その不思議さに今は感慨深い気持ち。


人生は水の流れのごとしとはよくいったもので
自分がどう流れてどうなっていくなんてわからない。
行きつく先はどこなのだろうか。
水の流れゆく旅は時に激流であり時に小川のように穏やかなのかもしれない。
過酷な人生も、笑っていられる人生も受け止めて生きていくしかない。
どれも人生の流れ、自分は水そのものだ。

受け止めて受け止めて、精一杯生きること。
試練とて、一生続わけでもない、時に陽がさし砂利道のむこうに
花畑がでてくることもあるだろう。
その時、乗り越えた試練は貴重な体験で己を鍛えたと思いたい。
自分のどん底生活の中で自暴自棄になるほど後に後悔を生むものはない、
そう私は自分の人生で学んだと思う。


精一杯に生きる、膝が悪くなり長年勤務した会社を退職したことも
病気の姑や夫の世話をしなさい、
縁あって家に来た体の弱い嫁も
見守ってあげなさい、

どこかでそんな声が聞こえてくる、

感謝で家庭を守りなさい、
自分の居場所を大事にと、
その場所を不満で動いてはいけないと、

どんな回り道しても、きっと此処にたどりついた気がする。
そう思うと、私は人生の次のステージに立ったと思える。
長年の苦できっと魂は垢だらけだと思う。
人だから、生きてるから、いろんな感情があって当たり前だが
辛いと思えばきっと死ぬまで辛いのだろう。
安心感、生きてる事の喜び、これで良かったと素直な気持ちになるには
これまでのことを、自分が生きてこれたことに感謝を思い
生かされてる縁、私を磨き育ててくれた人、社会の縁に
深く感謝なのである。

時に思う、偶然は必然だと。
与えられたことは、きっと私には必然だったのかもしれない。


posted by karin at 22:31| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

今日のつぶやき

先日、連続で2010年に転居してからのことを綴ったことで
結構、気持ちがスッキリしています。
12月、クリスマスがきたら丸7年になります。

ブログやりだして、もう14年くらいになるんですけど
最初はHPが主流でした。
時代もHPが流行っていて、その後、ブログが一気に加速して
無料でHPが作れるサイトとか消えていきました。
私はHP作るのが面白くてフラッシュとか作ったり素材も作ったり
結構勉強もしました。
その時のことを活かしてブログのCSSもはまってタグも覚えたり
無料ブログのテンプレートをカスタマイズして遊ぶのが好きでした。
ブログが主流になってからは、ほぼ毎日更新してました。

ほぼ無料といわれてるブログはやってみましたが
やはり人それぞれ、やりやすい場所に戻るのかな。
最近、はじめたのがムラゴンブログ、ブログ村のブログです。
以前はなかったですね。
この頃はブログも下火かなって思うこともありました。
ツイッターやフエイスブック、インスタなどが流行ってますものね。
私もインスタ以外はやりましたが、やめました。
やはり、いろいろ書けるブログ派です。
seesaaは1番落ち着くかな。長年やってるといろんなことありましてね、
gooでもありましたよ、即、削除して逃げましたけどね、
変な輩には逃げるが勝ちです。ネットは相手が見えませんからね。
また作ればいいわけで。有料ブログとかには興味ないです。
そこまでしてやろうとは思いません。(金欠なので)

でも、良い方々ともお友達になれたこともありました。
そんな時はネットやって良かったなって思いました。
最近では、家族に追われてネットもなかなか思うようにできないけど
ただ、孫が何でも触るようになってリビングから私のものを
全部二階の自室に持ってきたんです。
慣れるまで不便で大変でしたが、慣れたらこうやってブログ更新できる頻度が
あがってきました。
家計簿も落ち着いて書けるし、いいことが増えてきたかな。
なので、プチ新たなスタートかなとも思ったりしてます。

ほんの少し、自分を取り戻せた気がしています。

posted by karin at 22:56| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

今朝の一報にて

今朝、麻央さんの訃報に心痛めた朝でした。
何とか頑張ってほしいと願い、時に麻央さんのブログも読んでいました。
癌という病気を持つ家族がいる我が家にとっても
麻央さんの生きる頑張りは私自身にとっても力になりました。
どうか、安らかにお眠りください。
心よりご冥福申し上げます。

posted by karin at 14:03| Comment(0) | つぶやき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする