2017.5月初日

今日から5月。
朝から雨、でも昼頃には晴れてきて孫と散歩へ。
その次はワンコと散歩へ。
胃がずっと芳しくなく、なるべく散歩して
ストレス軽減を目指しています。

自分で思うより
多分...ストレス抱えてるかもしれません。
でも、かなり私は前向きというか
以前より考え込まなくなりました。

なるようにしか ならない...からです。

40代のころは、随分お金に困窮して考え方も卑屈でした。
なるようにしか ならない、という言葉が大嫌いで
聞いただけで虫唾が走りました。
なぜなら、どん底にお金がないときは
なるように ならない、   からです。
「しか」が抜けてます。

なるようにしか ならない、と
なるように  ならない、 似て非なるものです。

どん底にいたら切羽詰まってますから必死です。
でも、よーく考えれば
どん底でも
なるようにしか ならないのです。

例えばですが...
自己破産も自己再生法もなるようになった結果です。

でも、どうにもならないから 自己破産した!と考えてしまう。
どうにもならないから家を売却した、とも考えてしまう。
それって、考え方によっては どうにもならないではなく
なるようになった、どうにかなった、という形でもあります。
過去の知人や友人は文句や愚痴ばかりを言ってました。

つまり陰と陽、プラスとマイナス、
常に物事は表裏一体なのであります。
どうポジティブな考え方をして物事を超えるか、
苦境を考え方によって人生の歩み方まで違ってきます。

過去、自己破産、自己再生法など知人を何人か見てきました。
1歩間違えたら私もそうでした。
どう転んでもおかしくない人生だったと思えます。
今、このブログに当時の事柄を書くのも寒気がします。
私がそんな居場所から抜け出れたのは
多分...マイナス思考の人間関係、友人、近所などと
全て離れたからと思えるわけで。
当時を思い出すと、ひどいもんでした...
ろくな人間が周りにいなかったと今では笑い話。
もう7年以上たちます。結果、随分、考え方も変わり
人生の歩みもちがってきたなと思います。
大袈裟な言い方かもしれないけど、誰一人当時の
友人、知人、私の周りにはいません。
なので私は新しい友人作りをしないといけないのですが
無理もしたくないので、自然体でいます。
意外と過去を吹っ切ると幸せだったりします。


おかげで夫が肝臓癌という病気になっても
姑の世話をしていても、なるようになる、1日1日が大事。
過去も未来の不安も考えない。
すべては今日1日が大事、その積み重ねが人生と思えるようになりました。


夫もバイトに行けてるし、ありがたいことです。
倒れてもおかしくないのに。
癌はおとなしく、静かにしてくれてます。
姑も安定し、認知症も冬からみればいいようで元気でいます。
義兄貴夫婦が4か月ぶりに姑の顔を見に来てくれたようです。
姑が喜んでました。

5月初日に幸せ、と思える気持ち
ありがたいことです。

夫と姑宅の大掃除

昨日から雪が降り寒さも増してきました。
私は足首の古また、傷を抱えており、寒くなると痛みが増します。
北陸の冬は独特で、湿った雪に重い鉛色した雲、雷は
精神的にも参ります。
今日はそんな鉛色の雲が厚く空を覆っています。

何もしたくない、のが本音。
でも、おとついから昨日と2日間に渡り姑宅の大掃除をしてきました。
夫も現在はバイトが冬休みということもあって
また、肝臓癌であっても痛みがでないので
家では暇なのであります。
もちろん、そんな暇な夫を連れて姑宅の大掃除を手伝わせました。
もとは夫の家ですから、掃除手伝って当たり前です。
私の心の内は、あと何年夫が姑宅にこれるのかな?
そういう気持ちがあるので、できれば元気なうちに
何度でも姑宅にこさせたいと思っています。

掃除嫌いというか、掃除しないというか
何せ片付けができない姑で、去年は汚家の中を
疲れ果てるほど何度も大掃除しました。
今年はその甲斐もあってほとんど触ることなくきましたが
去年のやり残しが少しあって、その部分と
押入れの中をガサ入れ....ではないですが
ギフトがそのまま何十年もあったり
空箱をしまってあったり、うんざりな状態でした。

現在、夫の兄が心筋梗塞で治療のために入院中です。
1週間ほどですがカテーテルでバルーン入れる治療です。
これで良くなってくれたらいいのですが。
義姉も狭心症でカテーテルいれた経験があるので
夫もいれたら3名、カテーテル経験者です。
そんな義兄夫婦なので姑の世話は難しいし、できればしたくない様子。
なので夫が動けるうちは実家である姑宅、そして姑を
世話しないといけないのですが、冬は紙おむつをするので
その使用済みオムツをトイレに脱いで積み重ねてあるんです。
これが、激臭で先日より頭抱えてるわけで....
何か対策せねばと考えてるのですが...
ここまでひどい臭いだとは思いませんでした。
現在、介護してる家の方々の情報をネットで調べてます。

芳香剤や臭い取りにもお金がかかります。
デイサービスの方からは、まだ施設入所は早いと言われてるので
でも5年先にはどうなってるか...
そして夫も5年先にはどうなってるのか...
いや、3年スパンで考えないといけないかも知れませんね。

夫は次回12/19に病院です。
今年もあと10日あまりで終わりです。
我が家には激動の1年でした。



つかの間の時間

久しぶりに犬の散歩ができた穏やかな日でした。
寒さが体にこたえる日が続いてた北陸ですが
今日は寒さもあまり感じず、昼頃にワンコバギーに愛犬メイを乗せ
私の膝のリハビリもかねてお散歩しました。

ワンコを甘やかしてるわけではないのですが
散歩嫌いなとこもあったり、今はワンコバギーがあると
膝の悪い私のリハビリにすごくいいわけです。
散歩の帰りにはメイに歩きなさいとバギーからおろして歩かせます。
私はバギーが杖代わり。

夫が入院中ですが、つかの間の穏やかな時間、1時間も満たない
そんな昼の時間でした。
午前は姑のところに行き冷蔵庫に少しおかずをいれて
おやつも置いてきました。
そして心配してる夫のことを話し病院に行きたいというので
治療費をカンパしてもらう方としてはダメとも言えず
日曜に行こうか、ということに。
明日、歯科の帰りママと夫の病院に行ってくるので
姑が日曜に来るよって言ってきます。きっと、嫌がると思うけど。

多分、姑の通帳に入っていたお金、一端はほぼ消えると思います。
夫の治療費で....役所からの国保認定証がなければ
月10万どころの話ではないでしょうね。
風の噂では保険がきいても30万とか、そう聞きます。
その認定書があると10万ほどで、とのことらしいですが。
我が家では月10万が限界です。夫の年金だけでは全く足らない。
生活もあるので。


とにかく頑張っていくだけです。
なかなか高熱が下がらなくて明日は下がってるといいけど。