リバウンドしてる時に限ってお通夜、絶不調の巻

もう、情けなくて笑うしかない。

昨日はお通夜がありました。
前日に礼服を出して着てみました。2着あります。
7年間我が家では喪がなくご無沙汰でした。

現在私は58歳なので7年前といえば51歳です。
まだ40代のなごりが残ってる頃ですが...
その時着れた礼服がスカートがしまりませんでした。
絶句しかありません。

3年前に買った礼服は着れたのでその礼服を着たのですが
パンストがありません...
なので近所のしまむらで大き目サイズのパンスト発見!
あった、あった!と思ったらサポートタイプと柔らかタイプがあり
穴があいても大丈夫、というサポートタイプを買いました。

これで、つかみはOK! 

そう思い昨日は18時にパンストをはきました。
なんだかキツイな、サポートタイプってこんなのだっけ?と
ご無沙汰パンストに違和感もちながらはきました。
肥満の安心材料は、パンストが落ちてこないようガードル必須。
(違和感ありあり)

そして、着慣れたボデイシエイパー、礼服、
これまたご無沙汰の5センチヒールの靴、
50代になってからほとんどヒールは履かず
18時半には体全身、「緊張された別人28号」になっていました。


夫と通夜にでかけ無事帰宅、
そして今朝、寝起きのことです...


言葉にならないほどの気持ち悪さ。
腰、下腹部に違和感、お腹が痛いのか?腰が痛いのか?
でも、そうでもないような...でもおかしい、気持ち悪い!
鈍痛が下半身を襲う!朝の6時に言葉もでません。

そして何とか30分が過ぎた頃...もとに戻ってきました。


家族全員から、それパンストが原因や!
そんなサポートタイプなんかはくからや!
野放しの下半身にはきなれんもの履くから血流わるくなったんや!
と、言いたい放題言われ、

こんなこと今まで経験ない、と言い返せば
家族から、幾つになったと思ってるのかと息子に言われ
夫からは締め付けが原因やなと決めつけられ
嫁からは私も同じ経験ありますよ、とダメ押し。


7年ぶりのお通夜は情けない自分にビンタしたいくらい。
肥満、絶対ダメ、そう自分に刻み今日は葬儀に行ってきますが
今回の経験を体に刻んで今後に役立てたいと思います。

ちなみに、礼服着た姿を大きな鏡で見たら
鏡が壊れそうでした、あまりの違和感で。
礼服似合わないにもほどがある!と凹み。


58歳、肥満お通夜物語、絶不調でした( ゚Д゚)

この記事へのコメント