孫源病?初めて知った言葉

昨日は暑さがかなり戻った感じでバテバテ
今日は風があるので若干、涼しさを感じます。

孫が生まれて3年、内孫です。
現在3歳なんですが、自分が子育てしたときとは違って
やはり自分の育児した時代、
祖母として孫を世話する今とでは
言葉にどう言い表していいのか分からないけど
違うなぁ..ってことを感じます。
時代が違うのだから当たり前なんですが
親目線と祖母目線では、両方経験して
また、内孫と外孫でも感じ方は違うのでしょうけど
可愛いと思う以上に精神面で疲れイライラは半端ないです。


今朝、ネットで目にしたのが「孫源病」という言葉でした。
私は初めて知った言葉で読んでいくと
それを知って安心したという方もいるとかで
私も、それをしってホッとしました。
孫は可愛いものだと世間では昔から言われてることが
現代の祖父祖母からみれば、その世話に昔との違いを感じ
疲れ倒れることも多々あるとか。
孫のことで若夫婦ともうまく繋がれないこともでてくるそうで
難しさを感じます。

外孫では来て嬉しい、帰って嬉しい孫、と
私も周りから何度も聞かされたことがあります。
まさか、自分が内孫の世話をするとは夢にも思っていなかったので
去年、退職後からは更にママのサポートにまわる時間が多くなりました。
ママは自分の子供の面倒をみてますが体が弱く
その分、精神面でもストレスが溜まり
怒るとヒステリーっぽくなり、その声に私はおかしくなりそうです。
なので、育児応援に回るのですが、これまた
やんちゃで落ち着きがない孫で女の子ですが
何で、私こんなことしてるんだろう?とか
自分の時間も振り回され趣味が何だったっけ?とさえ思うほどです。

この3年、50代後半の私には堪えました...
もちろん何かにつけてお金もかかります。
ぐずって泣いて言うこと聞かないとき
手をふりほどいてすぐ走ろうとする、また走り出す
スーパー内で大声でばーーーーちゃーーーんと叫ぶ
もう、言ったらキリがない。

年子の育児をしてきたので、そんなことは
分かり切ってるし、でも、でも、孫だと感じ方も
受け止め方も違ってくるんですね...
孫を持たなかったら経験できなかったことです。
しかも内孫ですから親が世話できなきゃ、
また金銭面でも親ができなきゃ、
爺ちゃん婆ちゃんのお役目となり体力も、金銭面も孫に吸い取られます。
先日、新聞に週刊誌の見出しがでており
お盆に孫でお金も体もクタクタ記事がでてました。

最近思うのは40代の体力と思考が50代のそれとは
随分違うものだと感じます。
孫源病、その言葉を知って気持ちが楽になりました。
夫源病や妻源病もあるそうです。
ネットで孫源病を検索したら体験話も出てきて読むと
自分だけじゃなかった...と思う気持ちが自分を楽にしました。

幾つになっても産んだ子には親ですから
私は息子たちが可愛いです。
いい年のおっさんであっても我が子です。デキが悪くても。
その感情は孫には出ません。
可愛いの深さ、意味が違います。
孫の可愛さは責任がないといいますが、でもね...
同居してたら責任に関してはそうでもないんですよ。
親がしっかりしなきゃ、その親(祖父祖母)が
世話しなきゃ、孫を育てる者がいなくなる。
老後だから、息子と同居だからと安心して生活なんてしてられません。

まさに運命共同体だなと最近では同居生活にて思ってます。
来春、無事に孫が幼稚園に行ってくれますように。
ってか、入園のお祝いがいるなと...(ため息です)




この記事へのコメント