17日の通院日より

今週月曜の17日、通院日で夫と病院に行ってきました。
毎回と同じく内視鏡での検査、食道から胃にかけての
静脈瘤が治まってるか調べるのですが
11月から毎月入院して治療した甲斐あって
かなり綺麗になっていました。

医師が異動で県内の大手病院に移り
違う医師が担当になりました。
40歳くらいのドクターでハキハキしたいい感じの先生。
その医師がいろいろ説明してくれて安心しました。

今の病院へ紹介状もって来てから
隠れてお酒飲んでいることもバレて叱られ
それから一切お酒は飲まなくなり、それがかなり身体を助けたようです。
医師いわく飲まなければどんどん数字はよくなっていきます、
身体も良くなってる証拠ですよ、と。
でも、やめられない人がいるんです、どんなに悪くなっても
飲んでしまうので数値にはっきり出るんですよ、と。

今の状態は肝硬変中期だそうです。
これで良くなったというのですから、今の病院に来たときは
一体、どうだったのかと怖くなります。
また、癌が2個あるので、そちらの心配があるから
定期的に検査をしないといけないと言われ
3か月に1回はMRIだそうです。
来月29日にMRI検査予約がいれられました。
今のところ癌も小康状態でおとなしくしているようです。

今までは癌より静脈瘤がいつ破裂するか、
そちらの心配のほうが大きかったので命拾いしました。
それを収めるのに毎月入院で半年かかりました....
1回の入院が1週間ほどで6万から10万の間くらい。
それが11月から5回入りました。
内、1回は癌の腫瘍叩き、肝動脈塞栓治療で
本人も痛かったり辛かったりでしたが
家族もいろんな意味で大変でした。

これから、先は分からないけど多分
長い治療、病院とながーいお付き合いで...
と、いうか、我が家ではその病院も別荘みたいな感覚。
切っても切り離せない、大事な場所です。

私は前に異動した医師に聞きました。
夫が風邪をひいて薬が欲しいのですが、市販薬とか
夫の場合、どうなんでしょう?
病院でお願いすればいいですか?

医師は、風邪はひいてしまったら薬なんて効かないですよ。
飲む意味がない。そのまま治るまで待つしかない、
そう言われました。説明はそれだけです。

そして今の新しい医師にもあえて同じ質問をしました。
丁度、夫が風邪をひいていたし熱が出た場合など心配だったから。
医師は、薬は飲ませないでください。
市販薬はもってのほかで絶対ダメですよ。
ましてバフア○ンとか鎮痛剤もダメですよ。
熱が出たら冷やして下げるしかないですか?
そうです、とにかくご主人の場合は絶対、こちらから出す薬以外は
絶対飲ませないください。
何かあれば連れてきてください、私が見ますから。
肝臓が悪い人は鎮痛剤や市販薬など飲むと、悪さするんですよ。
その悪さがどう出るか、心配なんですよ。
バフア○ンはCMで優しいとかいってるけど全然優しくないですよ。
中には血を吐いた人もいますよ。
ご主人の場合、安易に市販薬は飲ませないことを守ってください。


私は同じ質問しても、これだけちゃんと返してくれる医師に
安心して帰ってこれました。
夫には、先生があれだけ言ったんだから絶対、もう飲んだらダメ。
そう言うと夫も分かったと頷いてました。

以前、家の近くの総合病院に夫が通ってる時に
肝臓の専門医だった医師が1年半ほど夫をみてくれてましたが
今思えば、癌に移行する前とはいえ、肝硬変になってしまったから
もう治療することはない、とはっきり言われました。
そして体力無いなら1か月ほど入院する?
そんな聞き方でした。
そして翌年、その医師が違う病院に移ったらしく内科の医師が
夫をみてくれることになりましたが、その医師がおかしいと思ったのでしょう。
検査してすぐ県の病院に行くようにと紹介状書いてくれました。

それが今の県立病院で内視鏡や消化器科の先生たちと話す機会があるたび
私はあの医師が言った言葉を思い出すのです。
治療することはもうない、なんて 、絶対ありえない!
肝硬変の末期だから治療はない、そう言うなら...
いや、治せないがその医師には正しかったのかも知れない。
でも、せめてその段階で県立病院に紹介状書いてほしかった。
癌という腫瘍が無くても、食道や胃に静脈瘤があったかもしれない。
治療することはもうない、なんて素人の私とて今はその言葉は信じられない。

家の近所の総合病院で夫は医師が3人変わった。
3人目の担当してくれた内科医師が紹介状書いてくれたわけだが
2番目の肝臓専門で講演会までしてる医師には書いてもらえず
内科の医師に書いてもらったという皮肉な結果だった。
1番目、最初の医師はお爺ちゃん医師だったが
ものすごく心配してくれてとにかく「家族を呼べ」とまで言った。
奥さん、大変なことになってますよ、肝炎から肝硬変の入るところですよ。
県立病院で検査もしなさい、と紹介状も書いてくれて行ってきた。
が、その時は肝炎ゆえ総合病院でお爺ちゃん医師にみてもらうことになった。
だが、その医師も年齢もいっており退職されたようだ。

そう思うと、人との出会いって人生左右するなーって思う。
そして医師も人なり、と思う。
医師もいろんな人がいて神さまじゃないんだって。
自分には医学という知識がないから医師を見ればどの医師も凄いと思ってしまう。
されど、こうやって病院と長くお付き合いしていくようになると
少しづついろんな物が見えてくる気がする。

夫は今日もバイトに出かけて行った。
私は仕事との縁は切れたが夫は癌になっても仕事運がある。
だからバイトにもいけるし、いけるだけの体力もあることは
それも仕事運なんだな...
若いころ、いつまで夫の弁当を作るのかとうんざりしたものだった。
しかし、今は夫の弁当を作れることがいかに有難いかと思うのだ。
ひまわりの種が芽を出した。
夫とひまわりが咲くのを楽しみにしている。






posted by karin at 14:23Comment(0)肝臓癌

前日記の続き(着圧靴下には気を付けよう)

前日記に書いた湿疹、ヘルペスではなく
着圧ソックスによる怖いトラブルでした。
内科に行ったら外部刺激だと言われ、間違いなく
夫が入院中にはかされた着圧ソックス。

それをはいて寝た日の翌朝、足がすごいことになって
7日目の今も真っ赤です。
過去、大丈夫だったけど今回は怖い思いをしました。
体に圧が加わること、すごく怖いことなんだと知りました。
顔面半分、お岩になって首にも真っ赤な斑点がでたこと
58歳になって即の怖い体験でした。

完治までかなり時間かかりそうです...(泣)
posted by karin at 22:35Comment(0)日記

現在、夫より私が不調?

3月に58歳になり、あーあ...と思ってたら
4月に入り今日は最初の日曜日。

とってもお天気が良くて青空みてると気持ちがいいです。
そう思う気持ちってなんだかイイことありそうな気持になります。
でも、58歳になって最初の洗礼は.....

3/29あたりから、なーんか体が変!
風邪ひいたかな?と思ってました。
朝、起きたら左側顔面腫れて、瞼はお岩...
その数日前から唇がとにかく乾くし、なんか変でワセリンばかり塗ってました。
そして洗面台の前で鏡をみたら、お岩になっただけでなく
首のど真ん中、幅10センチほどの大きな赤いあざ?なんじゃこれはー!
と、顔面蒼白!!

で、両ひざ下は足首まで粟かひえか?と思うような細かい粒つぶの湿疹が一面。
何が何か分からないが、自分の中で終わった....
私は夫より先に逝くのか、と思うほど自分の中で何が起きてるのか?
ボーーー然。

3月半ばには舌が緑色になって妖怪になったと
その時も、私は終わったー、と思った。
生まれて初めての鮮やかな緑色、3日間、緑色...
絵具塗ったような、着色したような、まさに妖怪...
で、3日後に人間に戻れて、ああー助かったと思ったのに。
(ずっと胃が悪いせいか?)

今度はじんましんか?と思いながら観察したものの
どうみてもおかしい、まさか帯状疱疹?
でも49歳のときに1回してるし、両足はおかしいなー
と、散々ネットで調べたら単純ヘルペス....
どうも、それらしい、明日は病院に行ってきますが
とーーにかく去年の膝を悪くして退職後、体が休む間がないほど
ガタガタ....2月には眼科いってるし。
もう何がなんだか自分でも分からなくなってます。
ただ、もうそんなガタガタなお年頃なのかと。
そして過去を思えば年代が変わる前後から不調がやってくる。
47歳から3年ボロボロで50代突入・・
今度は57歳からボロボロで60代に突入か?と思わずにはいられない。

確かにストレスは半端ないです、ブログも更新したいのにできないジレンマ。
認知症の姑との会話、マイペース夫の病気の世話、甲高い声で騒ぐ孫
育児疲れでヒステリーがおきるママ、趣味命の自由人の長男
独身謳歌の次男、ヘルスメーターの上でため息の私とワンコ、おデブコンビ。
文字で書くのは簡単だけど日々しんどいのが正直なところ。
それでも、3度も死にかけた自分の人生なので生きてるだけで丸儲け。
そう思って自分ではなく人のため、誰かのために私は命を続けてるんだって
そう思うようになってます。

よくわからないけど、誰かが守ってくれてるんでしょうかね?
3度目に死にかけたとき(事故)に、2週間前?にみた予知夢で
自分がその通りに事故にあう夢をみてるのですが
そのあとからたまに、そういう夢を見るようになりました。
誰でも、そういう力っていうか、そういうのってあると思います。
ただ、自分の心が汚れてくるとそういう力って消えますね、
(生活が荒れたり、やけくそになってるときなど)
真摯に生きてるとき、感謝の気持ちが強く一生懸命なときって
そういう力が現れる気がします、あくまで個人的にですが。


夫が肝臓癌と告知されてから、少しづつですが
私自身が変わってきた気がしてます。
現在は癌と一緒に共存、生活してる感じで告知されたときほど
凹んだり未来を不安視したりすることはなくなりました。
不安でもそれを考えてもどうしようもない。
明日のことは誰も分からないのだから。
今、現在を大事に生きていくことが1番なのだと思えるようになりました。

夫は3/28から冬休みがあけバイトに行きだしました。
去年、夏は胃癌の仲間が逝く1週間前まで仕事に来てたそうです。
癌の仲間がもう一人いるそうです。
痛みさえ感じないなら、普通に生活して日々を過ごしてほしいと思っています。

posted by karin at 15:38Comment(0)日記