日田天領水

今日は青空がでて年末の大掃除に取り掛かりました。
年内にあと何度、青空のでたお天気になるか北陸では
わからないので、チャンスな日は逃さず掃除です。

膝が数日前から痛み出し、ちょっと良くなったと思ったら
ぶり返すので油断はできないのですが、自分なりに
膝をかばいながら掃除しました。
10時から始めて、夕方16時で今日は終了、ぐったりです。

ママが孫を連れて実家に遊びにいったので
これは掃除のチャンス!そして、あと何回夫と正月を過ごせるのか?
そんなことも思いながら掃除していました。
姑が何度も同じことを聞きますが、それでも去年よりは調子が良く
話し方もいいように思います。
姑が、夫のことを肝臓が悪いって言ってたけど....そう言うので
この間も28日から入院だって言ったでしょ、でも大丈夫ですよ。
1週間だけですから。そう言いながら心配しないよう言いました。

姑より長く生きてほしいのは私も親だからそう思うわけで
老いた息子とて親より先には逝ってほしくないです。
何をどうして、どこから何を...と思うばかりですが
実家の母が初期の肺癌で手術して5年以上過ぎました。
その時、医師が日田天領水を勧めてくれました。
先生が、毎日、ヨーグルト食べなさい、
そして日田天領水を飲みなさいと言われたようです。
母はそれ以来、ずっと日田天領水を飲んでいます。
当時、私は水にハマっていて随分、水のことを調べたり飲んだりしました。
日田天領水はフランスのルルドの水より成分がいいと
ネットで読んだのを覚えています。
ただ、ちょっとお高め....

でも夫が告知されてから毎日、日田天領水を飲ませています。
1日でも長く生きてほしい、それは夫への気持ちというより
姑が可哀想だと思うからです。
姑の気持ちが私の気持ちとリンクします。
私も男の子の親、ゆえに姑の立場になったら辛いだろうと思います。
もちろん、夫には親不孝しないよう酒を絶対飲まず
頑張って生きてもらわねばと思います。

天命は神さましか知りません。
しかし、生かされてることに感謝し今ある自分は周りのお蔭と思い
残された人生を歩かねば、また夫にはそう思って歩いてほしい。


実家の母は今年春に下血して入院、腸に穴が開いてたそうで
手術しなければいけないのを、しないで退院しました。
人工肛門になるのが嫌だ、もう80になったら死んでもいい、
もう手術はしたくない...今もお粥生活です。
母いわく、肺癌の手術してからめっきり体が弱ったそうです。
再発はしないものの、体が弱ってガタがきたと言います。

自分が老いていくことって、周りもこうなることかと
どこかショックですが、でも、越えていかねばなりません。

先日、姑に初めてカーデイガンを2枚買いました。
姑には言わず、そっと姑の部屋にかけておこうと思います。
デイサービスに着ていけたらと思い買ったのですが今では
着飾る場所もそこしかありません。
安価なものでも新しい服は嬉しいものです。
女ですもの、幾つになっても綺麗にしてあげたい。

姑、実家の母、夫....
そして自分の体...

頑張るしかないです。私も日田天領水飲み始めました。

posted by karin at 20:35Comment(0)食品